災害時の水確保に最適|自宅に井戸工事をするメリットを紹介

安全と成功を重視する

ヘルメット

安心して任せられる理由

水道インフラの発展で塞ぐことの多かった井戸は、頻発する災害と警戒心の高まりにより、井戸工事を新たに行う家庭や企業が増えています。井戸工事を日曜大工としてチャレンジするケースもありますが、安全面や成功率ではデメリットのほうが多いと理解するべきでしょう。人の手で採掘するには最低でも2人分程度の作業スペースが必要で、雨が降れば瞬く間に水で埋まってしまいます。さらに深くなれば崩壊の危険が高くなるため、相応の処置を施しながら掘り進めなければなりません。浅井戸は10メートル程度ですが、高さとしては集合住宅の4階部分に相当しますので、井戸工事は難度が非常に高いといえるのです。一般家庭と企業など立場に関係なく、ほとんどの井戸工事は専門業者への依頼で行われています。専門業者の井戸工事は水脈が深い土地にも対応でき、採掘前の水量と水質検査が受けられてる点も大きなポイントです。調査結果次第では井戸工事が不可能となるケースもありますが、可否が事前に判明するのは専門業者ならではの強みでしょう。費用は業者ごとに異なるため、料金や実績などサイトを活用して比較しておくと安心です。水質検査がクリアできれば飲用としても利用可能であり、専門業者に依頼した場合、一般細菌の殺菌や砂を除去する機器類の設置も相談できます。また、井戸工事は機材の運搬や採掘時の音も発生しますが、専門業者は周辺に対する影響を熟知し、防音や戸別訪問など様々な配慮が施されるのです。

井戸を工事する際の準備

井戸

三種類から最適な方法を選んで行われる井戸工事は、事前調査が重要となります。工法や深度によって費用は異なるので、業者の技術スタッフに見解報告を提出してもらいましょう。井戸が作れるのであれば見積もりを取ってもらい、工事を開始します。

井戸を利用するために

作業員

井戸工事の際は、事前に工事後について想定しておくことも必要です。井戸水を利用するにはポンプ等を利用するので電気代が発生し、メンテナンスの費用も必要です。また、水量が減ったときや水質が悪くなったときや、井戸が使用不可能になったときの費用や対応も考えておきましょう。

技術が高く信頼できる業者

井戸

井戸工事は、さく井技能士や地すべり防止工事士などの資格を有している業者に任せる必要があります。また、地域で信頼を得ている業者を選ぶことも大事です。複数の業者に、プランと料金とを提示してもらってから選ぶことも可能です。防音壁を設置したり、施工後にメンテナンスを行ったりする業者は、特に評価されています。