災害時の水確保に最適|自宅に井戸工事をするメリットを紹介

井戸を工事する際の準備

井戸

井戸工事というのは、ただ漫然と井戸を工事するだけではありません。それぞれの人の使用目的に応じて、井戸の口径や深度などをしっかりと確かめた上で、井戸工事の工法(工事する方法)を選定します。井戸工事を行うためには、様々な下調べと十分な準備が必要です。井戸工事の主な工法としては、ロータリー式、パーカッション式、ダウンザホールハンマ式などがあります。この三種類の工法の中から、ベストなものを選定します。井戸工事にかかる費用には幅がありますが、個人が所有している浅井戸の場合、10万円以内におさまるケースが多いです。もちろん、このケースはあくまでも一例です。井戸工事の費用は、井戸の口径や深度の他に、作業の効率性(作業にどれぐらいかかるか)や工事の危険度などの諸要素を総合的に判断した上で決まります。井戸工事を依頼する場合、まずは電話やメールなどを使って業者に連絡します。その際に、工事対象の井戸についてのデータを可能な限り細かく伝えておくことが大事です。井戸の具体的なイメージを共有することができれば、話はスムーズに進みます。業者に連絡した後は、業者の技術スタッフから、「井戸の見解報告」が伝えられます。過去の様々なデータを元にして、工事対象の井戸の使用可能性などを割り出します。その後に見積もりを発行して、正式に発注依頼を行います。正式に発注依頼を行った後に、工事に着手します。工事が完了したら、引き渡しを行い、工事費用を支払ったら終了です。業者によって多少の違いはありますが、工事の流れは概ねこのようなものになっています。